しみ、しわ、ホクロ、にきび、脱毛、ピアス、じんましんのご相談は一般皮膚科・美容皮膚科の愛知県豊橋市の遠山クリニック

多汗症治療

  • HOME »
  • 多汗症治療
メスを使わず、気になる汗を解消
多汗症

多汗症とは?

様々な原因でエクリン腺という汗腺から分泌される汗が、必要以上にでる症状、病気、または体質のことをいいます。症状は色々ですが、全身性多汗症、特定の部分(脇、手のひら、足の裏、頭など)にだけ起こる局所性多汗症があります。

治療方法

当院では、患者様に合わせて以下のような多汗症治療を行っています。

  1. 外用:汗水(かんすい)、パースピレックス、ディーバ
  2. 内服
  3. イオントフォレーシス
  4. ボトックス注射(脇、頭)

1.外用

汗水(かんすい)

汗水

汗水とは?

塩化アルミニウムを主成分とする汗の量を減らすための外用液です。局所の多汗症(特に脇)の方には有効的です。

使用方法

局所を清潔に、通気よく乾燥させてから塗布して下さい。
脇に使用する場合は汗水を水道水で2~3倍に薄めたものを1日2~3回、足の場合は薄めずにそのままお使い下さい。驚くほど発汗が抑えられます。

料金表

パースピレックス(ロールオン)

パースピレックスロールオン

パースピレックスは、長時間効果が持続する制汗剤(医薬品)です。汗の気になる部位(ワキ、手、足)に塗布することで、3~5日間の効果があります。これまでの制汗剤やデオドラント剤は効果の持続期間が短かったのに対して、パースピレックスは長い持続期間が特徴です。

医療機関専売品(医薬品)の制汗剤のため、処方にて医師の診断が必要です。

料金表

ディーバー

ディーバー

ディーバーとは?

スティックタイプの防臭剤です。身体の気になる臭いを防ぎます。市販されているスプレータイプのデオドラントとは異なり、朝塗るだけで長時間、夜まで効果が持続しますので、塗り直しの手間はありません。
悪臭の原因であるアンモニアを中和し、お肌の弱酸性を保ち細菌の増殖や汗の臭いを抑えます。
制汗、わきが(腋臭)、汗の臭い、足の臭いに効果的です。

使用方法

スティックの底部を回して1センチ程度繰り出し、乾いた清潔な肌に3~4回ムラなく塗布します。

料金表

2.内服

漢方や抗コリン剤を保険適応内で処方しますので、ご相談ください。

3.イオントフォレーシス

イオントフォレーシスとは?

身体に無害な直流電流を患部に流し、汗腺にダメージを与えることで、汗の分泌を減少させる治療です。電流通電により生じる水素イオンが汗孔部を障害し、狭窄させることにより発汗を制御させると言われています。
手・足・脇の多汗症で、内服や外用でも効果がみられなかった方に効果的です。
内服と外用との併用が可能です。
イオントフォレーシス 

施術方法

手・足を15分間水道水の入ったパットに浸して通電します。ピリピリ感を感じることもありますが、痛みはありません。脇の場合は、水に浸したパットを使って10分ずつ通電します。
外用や内服と併用しての治療をおすすめします。

禁忌

体内に心臓ペースメーカーやプレートなどの医療機器が入っている方
妊娠中の方、アレルギーのある方

4.ボトックス注射(脇・額の際)

ボトックスとは?

ボトックス®には、発汗を抑制する作用(効果)があります。 汗の多い部分にボトックスを注射することで、汗の分泌量を減少させます。 治療効果の持続期間は、約4~9ヶ月です。

治療効果や持続期間には個人差があります。

施術方法

ボトックスを脇または額の際に注入していきます。注射による痛みを軽減するために、あらかじめ局所麻酔薬のクリームなどを塗布し、冷却しながら注射を行うことで痛みを軽減できます。

料金表

お気軽にお問い合わせください TEL 0532-55-3182

”予約はこちら””予約はこちら” ”ビューティーキャンペーン” ”年間キャンペーン” ”ドクターズコスメ” ”メディカルエステ” ”Staff ”問診票ダウンロード” ”同意書ダウンロード” ”スタッフ募集” ”遠山クリニック内科”

”地図”

■美容皮膚科
”美容皮膚科診療時間”
※途中のお昼休憩等はありません。
※土曜日の診療時間は9:00〜14:00(14:00受付終了)になります。
※木・日・祝日は休診になります。

■内科・消化器内科・小児科・皮膚科
”内科診療時間”
※土曜日の診療時間は、8:30〜16:00となり、12:00~16:00は予約診察のみとなります。

PAGETOP
Copyright © 遠山クリニック 美容皮膚科 All Rights Reserved.